最新情報

2018年7月28日

とやま舞台芸術祭 大伴家持生誕1300年記念「万葉高志の国」出演しました!

大伴家持生誕1300年を記念した越中万葉創作舞踊「万葉高志の国」が7月28日、富山県民会館で開かれました。大伴家持を藤間蘭黄先生、坂上大嬢を可西晴香先生、坂上郎女を和田朝子先生が演じ、富山県洋舞協会の7団体が出演しました。

 

 

 

可西舞踊研究所からは5年生以上48名が出演し、藤の花や堅香子の花、日本海の荒波などを踊りで表現しました。

 

 

この舞台を通して、それぞれの踊りによって成長できた事はもちろんのこと、他のバレエ団の方々と一緒に出演する事でまた新たな刺激を受け、学んだ部分もたくさんあると思います。

 

また次の舞台に向けて頑張りましょう!

 

担当は古井でした☆